野生の鳥の保護や疑問・質問について

野生の鳥は本来厳しい自然の中で生活しており、人が介入しない自然な状態が一番幸せです。基本的には手を出さずにそっと見守りましょう。
しかし、ケガや出血があり衰弱が激しい野生鳥獣がいた場合、状況によっては東京都による保護が可能な場合がありますので、多摩環境事務所自然環境課にご相談ください。
また、「野生の小さなヒナを見つけたけど、どうしたらよいの?」「野生の鳥等が死んでいるのを見つけたら、どのようにしたらよいの?」 などの疑問について、下記ホームページをご参照の上、必要な場合は多摩環境事務所自然環境課にご相談ください。

参考ホームページ

東京都環境局 鳥獣保護対策について

ご相談、質問についてはこちらまで

多摩環境事務所 自然環境課(立川市錦町4-6-3立川合同庁舎)
電話番号 042-521-2948