自然は、同じ場所でも季節によって出会える生きものが異なったり、新しい発見がたくさんあります。
 野川・多摩川や公園などで、水遊びや虫取りなどの遊びを通して、自然に対する理解を深め、特別な思い出をつくりましょう。

おすすめの自然あそび

草花をつかったあそび
クズの葉てっぽう

1.片方の手で筒をつくります。人差し指をさし、そのまま抜いた形にすると上手にできます。       

2.ゆるくにぎったこぶしにクズの葉をのせ、少しへコませ、手のひらをたたくと「ポン」と音がするよ!   

  

オギのしゅりけん

虫を捕まえてみよう!!
草むらから鳴き声がしたら、静かに近づきアミを横にすくってみよう!

白色や透明のビニール傘を木の枝に逆さまにかけ、気をゆすってみよう!

虫の扱い方

   

川のあそび
ガサガサをしてみよう!

魚は草かげや石の下にに隠れていることが多いよ。アミを川底までつけて、足で「ガサガサ」とアミに向かって魚を追い込むように動かしてみてね。

参考:「こまえ水辺の楽校の自然と小さな仲間たち」

 

自然あそびの注意事項

自然環境であそぶ際に守ってほしいマナー
  • 生きものは観察したら、逃がしましょう。
  • ごみは捨ててはいけません。
  • 看板があったら読みましょう。危険を知らせる看板かもしれません。どんなことが書いてあるか必ず確認‼
服装

長そで、長ズボン、帽子など

安全に遊ぶため注意点
  • 日が暮れてからや、川に入るときは、大人と行きましょう。
  • 川には裸足で入らないようにしましょう。
  • 草むらはできるだけ長袖・長ズボンで入りましょう(草で肌が傷つく可能性があります)。

危険な生きものとその対処

  • ヘビ
    ヘビに噛まれたら、とにかく病院で治療を受けましょう。
    予防法:ヘビに危害を加えないこと。ヘビは本来臆病な生きものです。むやみに 薮や木の穴、石の陰などに手足を入れないようにしましょう。
  • ハチ
    ハチに刺されたら、針を除去し、すぐに吸引器で毒を除きます。患部を冷やし、軟膏を塗布しましょう。アレルギー反応の可能性があったら、すぐに病院で治療を受けましょう。
    予防法:ハチの姿や巣を見たら近づかないようにしましょう。ハチが近づいてきたら静かに、ゆっくり後ずさりしその場を離れましょう。※過去にハチに刺された場合、身体が過剰反応します。事前に子どもの被害経験を調べておきましょう。
  • かぶれる植物 (ウルシ、ハゼノキ、ヌルデなど)
    何の植物によってかぶれたか確認し、病院で治療を受けましょう。
    予防法:長袖長ズボンで、首筋や頭は帽子やバンダナで保護し、肌の露出が最小限になるように心がけましょう。あらかじめ危険がある植物をチェックしておきましょう。
保護者のみなさまへ
  • お子さんに、どこに危険が潜んでいるかを伝え、一緒に危険を避けるための方法を考える機会を持ちましょう。
  • 植物のかぶれは季節の差や個人差があります、事前にお子さんの体質を理解しておきましょう。