認知症の人が、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることができるよう、「共生」に向けた地域づくりを進めます。

1.認知症サポーター養成講座

概要

認知症に対する正しい知識を持ち、認知症の人と家族を温かく見守る「認知症サポーター」になっていただくための講座です。1時間から1時間半の講義を受講すれば、どなたでも認知症サポーターになることができます。養成講座は、市区町村や企業、各種団体、小・中学校等で実施しています。受講者には、認知症サポーターの目印である「オレンジリング(下記写真)」をお渡しします。

 

2.認知症サポーターステップアップ講座

概要

認知症サポーター養成講座を受講された方を対象に、認知症に対する理解をさらに深め、その知識を活かして地域で活躍してただくための講座です。東京慈恵会医科大学、東京慈恵会医科大学附属第三病院と連携し、東京慈恵会医科大学医学部看護学科で実施しています。

3.認知症啓発イベント

概要

認知症に対する幅広い知識を得るための啓発イベントを毎年9月に実施しています。

対象

どなたでも参加可能

手続き(方法、期間)

<1.認知症サポーター養成講座>については、企業、各種団体、小・中学校などで実施しています。個人もしくは団体でお申し込みください。

<2.認知症サポーターステップアップ講座>および<3.認知症啓発イベント>については、広報こまえで詳細をお伝えします。

費用

無料

窓口

高齢障がい課 高齢者支援係

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、急きょ予定を変更する場合があります。