狛江市未来戦略会議は、2018年度に設置し、主に課長補佐級及び係長級の職員が集まり、部毎に長期的な視点に立った施策案を検討しました。

その後、新型コロナウイルス感染症により人々の生活意識・行動が変化する等、社会状況は大きく変容しました。こうした状況を踏まえた新たな対応を迅速かつ柔軟に進める必要があることから,2020年度に改めて未来戦略会議を設置し、おおむね40歳未満の係長、主査、主任の職にある職員が組織を横断して集まり、新しい生活様式等を踏まえた「地域づくり」と「業務改革」の2つのテーマに基づく施策について検討しました。