新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、さまざまな困難が生じている子育て世帯に対し、国と連携して令和3年度子育て世帯への臨時特別給付を支給します。

狛江市では、5万円の現金給付と5万円相当のクーポン給付に分けることなく、現金で10万円を一括給付します。

 

狛江市長からのお願い

 狛江市では、子育て支援を効果的、かつ、迅速に行うためクーポンではなく現金一括給付を行いますが、市内には子育て関連施設や多くの商店がありますので、ぜひ市内商店等をご利用いただき地域経済の下支えにご協力いただきますようお願いいたします。

 


ご覧になりたい項目をクリックしてください。

1 支給額について

2 支給対象者について

3 申請方法・申請期間等について

4 支給方法・支給時期

5 問い合わせ・申請先

 

1 支給額について

支給額は児童1人当たり10万円です。
※5万円の現金給付(先行給付金)と5万円相当のクーポン給付をあわせた金額です。
※1人の児童につき、1回限りの支給です。
※非課税扱いです。
 

2 支給対象者について(支給要件)

以下のいずれかに該当する方に支給します。

  • (1)令和3年9月分の児童手当の本則給付(※)受給者
    ※狛江市以外から令和3年9月分の児童手当の本則給付(※)を受給されている方は、受給自治体からの支給となります。
    ※公務員で所属先から児童手当を受給されている方は、令和3年9月30日時点で狛江市に住民票がある方に限ります。
  • (2)令和3年9月30日時点で高校生世代(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)のお子様の主たる生計維持者の方で、所得が児童手当の本則給付(※)の受給者相当の方
    ※令和3年9月30日時点で狛江市以外に住民票がある方は(転入、転出など)、住民票がある自治体からの支給となります。
    ※婚姻をしているお子様は対象外です。
  • (3)令和3年9月1日から令和4年3月31日までに生まれた新生児を支給対象児童とする児童手当の本則給付(※)受給者
    ※離婚等によりこの基準の前後で養育者が異なる場合、子どもたちを現在養育している方に届かないことがあります。この度の給付金は、子どもたちを力強く支援し、その未来を拓く観点から支給するものであるため、離婚等により養育者が異なる場合には子どもたちにとって望ましい使途についてよく話し合っていただくなど、子どもたちのためにご活用いただけるよう受給者の皆様にはご協力をお願いいたします。
※児童手当の本則給付の所得制限限度額(令和2年中の所得額)
扶養親族等の人数
(注1)
所得制限限度額 収入額の目安
※審査は所得で行うため、あくまで目安です

0人

622万円

833万3,000円

1人

660万円

875万6,000円

2人

698万円

917万8,000円

3人

736万円

960万円

4人

774万円(注2)

1,002万円

(注1)扶養親族等の人数は、令和2年12月31日時点の人数(令和3年1月1日以降に新たに扶養されることになった方を除く)
(注2)5人目以降は1人増えるごとに38万円を加算

 

3 申請方法・申請期間等について

申請方法

原則、申請不要で支給します。
該当者には令和3年12月8日(水曜日)および12月22日(水曜日)に案内文を送付済みです

※給付金を辞退される方は「令和3年度狛江市子育て世帯への臨時特別給付(先行給付金)辞退届 」[75KB pdfファイル]に記入の上、必要書類を添えて子ども政策課へご提出ください。

ただし、高校生世代のお子様を養育している方や公務員で所属先から児童手当を受給している方などは申請が必要となります。
詳しくは下記別表1をご確認ください
※申請者の住民登録が令和3年9月30日時点で市外にある場合は、狛江市には申請できません。住民登録先の自治体にご相談ください。

 

狛江市では電子申請(外部サイト)による申請を推奨しています。
※下記別表2に該当する方は添付書類が必要なため、電子申請をご利用できません。
※狛江市では、公務員の方の所属先からの証明書は不要です。

電子申請QRコード

※電子申請いただいた方は、紙での申請は不要です。

 

別表1 対象児童別申請不要、必要一覧

お子様の年齢 申請不要で受給できる方 申請が必要な方

0歳

  1. 令和3年8月31日生まれまでのお子様の令和3年9月分の児童手当(本則給付)受給者
    →令和3年12月8日に個別通知(12月27日に振込済み)
  2. 令和3年9月1日~11月30日生まれのお子様の児童手当(本則給付)受給者
    →令和4年1月上旬に個別通知(1月31日に支給予定)
  3. 令和3年12月1日~12月31日生まれのお子様の児童手当(本則給付)受給者
    →令和4年2月上旬に個別通知(2月末に支給予定)

令和4年1月1日~令和4年3月31日生まれのお子様の児童手当(本則給付)受給者
「令和3年度狛江市子育て世帯への臨時特別給付申請書(新生児用)(第4号様式) [116KB pdfファイル]

1歳~中学校卒業まで

令和3年9月分の児童手当(本則給付)受給者
→令和3年12月8日に個別通知(12月27日に振込済み)

左記以外の方で、「2支給要件」に該当する方

(例)公務員で所属先から令和3年9月分の児童手当(本則給付)を受給している方
「令和3年度狛江市子育て世帯への臨時特別給付申請書(高校生等用)(第3号様式)」 [120KB pdfファイル]

記入例 [165KB pdfファイル]

高校生世代の子
・平成15年4月2日~
平成18年4月1日生まれ

以下の手当受給者((イ)~(オ)は令和3年9月30日時点の手当受給者)
(ア)令和3年9月分の児童手当(本則給付)受給者
(イ)児童扶養手当受給者
(ウ)児童育成手当受給者
(エ)特別児童扶養手当受給者
(オ)低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)受給者
→令和3年12月8日に個別通知(12月27日に振込済み)

左記以外の方で、「2支給要件」に該当する方

(例)養育するお子様が高校生世代のお子様のみで、左記(ア)~(オ)の手当を受給を受給していない方
「令和3年度狛江市子育て世帯への臨時特別給付申請書(高校生等用)(第3号様式)」 [120KB pdfファイル]

記入例 [165KB pdfファイル]

 

別表2 添付書類が必要な方

世帯の状況 必要書類

令和3年1月1日時点に、国内に住民登録がなかった方

パスポートの以下のページ全てのコピー
(1)顔写真のページ
(2)令和3年1月1日以前の日本から住民登録がなくなった日と近い出国印のページ
(3)令和3年1月2日以降の日本へ住民登録をした時の帰国印のあるページ
※配偶者が現在も国外居住の場合は配偶者のパスポート不要

対象児童と住民登録が別住所の方

「別居監護の申立書兼同意書」 [66KB pdfファイル]

ひとり親の方

ひとり親であることが分かる戸籍等

養育者の方

「養育事実の申立書」 [36KB pdfファイル]

※その他公簿で世帯状況が確認できない方は、別途書類が必要となります。

 

申請期間

令和4年2月28日(月曜日)までに、申請書に記入の上、必要書類を添えてご申請ください。
※令和3年9月1日以降に出生された新生児分の申請期限は、令和4年4月15日(金曜日)です。

 

4 支給方法・支給時期について

申請不要の方

令和3年12月27日(月曜日)に振込済みです。
振込先は令和3年10月期の児童手当、もしくは直近の各手当を支給した口座となります。

振込名義は「狛江市子育て世帯臨時特別給付金」です。迅速な振込実現のため、決定通知書の送付は省略します。振込が確認できなかった場合は、お手数ですがご連絡ください。

申請が必要な方

申請受理後、3~4週間以内に申請いただいた口座に振り込みます。

※迅速な振込実現のため、決定通知書の送付は省略します。
※審査の上、該当しなかった方には「却下通知」を送付します。

 

 問い合わせ・申請先

狛江市 子ども家庭部 子ども政策課 手当助成係 
電話番号 03-3430-1111 (内線 2301・2313・2314)

 

※「令和3年度子育て世帯の臨時特別給付」に関する一般的なお問い合わせは、内閣府が開設したコールセンターへ

内閣府ホームページ(外部サイト)
電話番号:0120-526-145(フリーダイヤル)
時間:午前9時~午後8時(12月29日~1月3日を除く)